スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長男虐待容疑で行司を逮捕=日常的に暴力か-千葉県警(時事通信)

 自宅で保育園児の長男(3)を虐待したとして、千葉県警印西署は29日、傷害容疑で、同県印西市若萩、大相撲の幕下行司木村林之助容疑者(32)=本名小林亮太、出羽海部屋=を逮捕した。同署によると容疑を認めているという。
 同署には昨年4月、母親から長男虐待について相談があり、児童相談所へ通報。今年1月にも「子どもが殴られた」と母親から通報があったが、被害届は出されなかったという。同署は日常的に虐待があったとみて調べている。
 逮捕容疑は、2月27日夕、長男が靴下をなくしたことに腹を立てて後ろからひざげりし、全治3日の打撲を負わせた疑い。 

【関連ニュース】
死亡男児にアイロンの跡=容疑者夫婦を起訴
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ
自宅たまり場に大麻吸引=少年ら4人逮捕、家出中学生も
5歳女児虐待、継母再逮捕へ=傷害致死容疑
被害者支援のあり方研修=児童ポルノで初めて

「名前を使った皆様におわびを…」最後まで消え入りそうな声の勝場被告 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
郵政改革案への異論に亀井氏「首相了承済み」(読売新聞)
<センバツ>開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
首相動静(3月31日)(時事通信)
<山本病院事件>容疑者死亡で不起訴に 奈良地検(毎日新聞)

雑記帳 五輪銅の加藤選手が凱旋パレード 山形(毎日新聞)

 バンクーバー五輪スピードスケート男子五百メートルで銅メダルに輝いた加藤条治選手(25)=日本電産サンキョー=が25日、出身地の山形市で凱旋(がいせん)パレード。観衆は握手を求めてオープンカーに殺到した。

 気温1度で雪も降ったが、沿道には約1万5000人(山形市発表)が集まった。加藤選手はメダル片手に声援に手を振って応え、市の表彰式では「応援の力でメダルを獲得できました」とあいさつした。

 母校・山形中央高も訪問。「スローガンの『条治を超えろ』のハードルを高くしてゴメン」と笑わせ、センバツ出場の野球部主将は「条治さんに負けぬよう夏も甲子園を目指す」と応えた。【浅妻博之】

【関連ニュース】
長島圭一郎選手:故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福
フィギュア:五輪8位入賞の鈴木、出身保育園で報告
バンクーバー五輪:話題の選手や競技「特需」は
バンクーバー五輪:国挙げて支援を 文科相に橋本団長懇願
バンクーバー五輪:浅田が再戦を決意、田畑は会社に感謝

<宇陀市長選>竹内幹郎氏が初当選(毎日新聞)
<判決文偽造>元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決(毎日新聞)
仕分け可能性の高い公益法人、来週にも選定―枝野担当相(医療介護CBニュース)
「消費者、患者の観点で規制見直しを」-行政刷新会議分科会が初会合(医療介護CBニュース)
22年度予算が成立 戦後5番目の早さ(産経新聞)

社民党、同意人事案に賛成の方針決める(産経新聞)

 社民党は25日、党本部で常任幹事会を開き、政府提出の同意人事案について党として同日の衆院本会議と26日の参院本会議で賛成することを決めた。同党は原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹東京大大学院教授を起用する案に難色を示していたが、これまでの平野博文官房長官との協議で、同意人事について与党内で意思疎通を図る仕組みを検討することで合意したため賛成に転じた。党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は23日の閣議で同意人事案の署名に応じている。

【関連記事】
福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」
福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で
鳩山政権半年 「小沢独裁」に決別の時 腐敗是正と国益重視で結集を
“脱官僚”崩壊 「適材適所」と開き直り
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月

日中韓「今まで以上に良好に」=東アジア共同体の意義強調-鳩山首相(時事通信)
「国務に専念を」民主・小沢氏、閣僚発言にくぎ(読売新聞)
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁(医療介護CBニュース)
<名古屋市>議会基本条例、全会一致で可決 市長は再議検討(毎日新聞)
五輪招致検討費削除、広島市長「早急に打開策を」(読売新聞)

課題多い若年性認知症、理解と支援体制が不十分―都が報告書(医療介護CBニュース)

 東京都は3月24日、認知症対策推進会議の下部組織である「若年性認知症支援部会」(部会長=斎藤正彦・医療法人社団翠会和光病院院長)の報告書を公表した。若年性認知症は、失業で社会的な居場所と生活基盤を同時に失うなど、高齢者の認知症と比べて課題が多いが、その理解と支援体制が不十分と報告している。

 報告書ではまず、若年性認知症の具体的な事例を紹介。就業中の突然の発症、適切な医療機関の発見の困難、多額の医療費負担や失業で自己破産の危機に直面など、若年性認知症の本人および家族の現実を報告した。

 その上で、多分野にまたがる若年性認知症の支援制度が十分に活用されておらず、高齢者と比べて発症者が少ないことから、支援体制が不十分と指摘。絶対数が少ないため、既存サービスの活用を基本としつつも、若年性認知症の本人と家族を「公的支援」「医療支援」「介護支援」「職場を含む社会的支援」「経済的支援」の5つに整理して具体的な支援策を提案している。

 公的支援については、自治体の情報提供の強化と相談窓口の対応力向上などを挙げた。若年性認知症の相談者に対し、区市町村の認知症支援担当課の8割以上が、利用可能な障害福祉サービスを十分に説明していない実態などがあるためで、斎藤部会長は同日の部会で、「いつでも信頼できる情報を包括的に得られる仕組みが必要」とした。

 医療支援では、都内に医療機関が多数存在するものの、情報不足で十分な医療が受けられないとする声が多いと指摘。早期や重症などの症状に合わせた適切な情報提供や、医療機関同士の連携促進が必要とした。介護支援でも適切な介護施設が見つからないとする声が多いが、「若年性認知症を受け入れない施設はほとんどない」(斎藤部会長)という。ただ、若年性認知症の知見は一部の施設職員に限定されるため、ノウハウの共有が必要とした。

 職場を含む社会的支援では、就労継続支援が現実的な支援策との考えを提示。産業医と連携するなどして、企業内で早期に支援する体制を確立することが重要とした。経済的支援では、既存の支援策の活用を促進するため、企業や区市町村の相談窓口への周知を徹底するとともに、団体信用生命保険の高度障害認定基準の見直しの必要性を指摘している。

 都は報告書を受け、中でも経済的困窮が深刻な問題であることから、まずは就労継続支援の一環として、「来年度にも医師会における産業医の研修制度で若年性認知症の周知を促すよう働き掛ける」(福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課の松山祐一課長)方針だ。


【関連記事】
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都
認知症の人の支援に「地域のつながり」を
認知症の人を受け入れ、尊重するケアを
認知症高齢者の外出特性などテーマに31日にシンポ
認知症ケアで研究成果を発表―ニッセイ財団ワークショップ

<北朝鮮不正輸出>業者に有罪判決…神戸地裁(毎日新聞)
小平のリンガーハットに強盗、10万円奪い逃走(産経新聞)
2次元児童ポルノ 石原知事「僕の目で見届ける」(産経新聞)
<選挙違反>佐藤健治被告に有罪 函館地裁判決(毎日新聞)
子供の夢収めたビデオカプセル、千葉県が紛失(読売新聞)

首相動静(3月13日)(時事通信)

 午前7時45分、公邸発。
 午前8時9分、羽田空港着。
 午前8時38分、日本航空175便で羽田空港発。同9時49分、関西空港着。同59分、同空港発。
 午前11時4分、奈良県御所市の「田村薬品工業」奈良工場着。視察。
 午前11時33分から午後0時24分まで、同工場内の会議室で同社の田村恵昭社長らと意見交換。昼食。前川清成民主党参院議員、東川裕御所市長同席。
 午後0時28分から同38分まで、同工場敷地内の「田村薬草園」を視察。同44分、同所発。
 午後1時、御所市の京奈和自動車道の橿原南・御所インターチェンジ建設予定地着。視察。馬淵澄夫国土交通副大臣、荒井正吾奈良県知事同行。同13分、同所発。
 午後1時56分、奈良県天理市の児童養護施設「天理養徳院」着。視察。前川民主党参院議員、荒井奈良県知事同行。
 午後2時38分、同所発。
 午後3時20分、奈良市の「平城遷都1300年祭」メーン会場となる平城宮跡着。視察。馬淵国交副大臣、荒井奈良県知事ら同行。同38分、同所発。
 午後4時、奈良市のホテル日航奈良着。
 午後4時4分から同20分まで、同ホテル内の宴会場「飛天の間」で、馬淵国交副大臣ら民主党奈良県連所属議員と意見交換。
 午後4時30分から同5時10分まで、荒井奈良県知事、奈良商工会議所など各種団体の代表らと意見交換。同11分から同14分まで、同ホテル内のロビーで報道各社のインタビュー。「将来的な増税は考えているのか」に「例えば消費税に関しては、私が政権を担っている間はしませんよと申し上げていて、そこに変わりはない」。同16分、同ホテル発。同23分、近鉄奈良駅着。同30分、近鉄特急で同駅発。同6時6分、近鉄京都駅着。同7分、同駅発。同8分、JR京都駅着。同16分、のぞみ46号で同駅発。
 午後8時33分、JR東京駅着。同39分、同駅発。
 午後8時52分、公邸着。
 14日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

首相、訪米に意欲 米国土安全保障長官と会談(産経新聞)
子ども手当法案可決へ、衆院厚労委(産経新聞)
輿石氏、農地の無断転用問題で「直せるものは直す」(産経新聞)
<裁判員裁判>集団強姦罪の男に無期懲役 地裁立川支部判決(毎日新聞)
中学の教室でいじめ撮影?動画サイトに投稿(読売新聞)
sidetitleプロフィールsidetitle

すがやせいきちさん

Author:すがやせいきちさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。